患者への対応

うつ病がどれだけ辛いのかは、本人にしか分かりません。もちろん、家族や恋人などの身近な存在の人であっても、辛さというのは本人にしかわからないことです。しかし、本人にしかわからないからといって、周囲の人が見放してしまうと、うつ病はどんどんと悪化してしまいます。少しでも早くうつ病から開放させてあげるためには、うつ病を発症している本人だけではなく、周囲の人の協力が必要です。言ってしまえば、周囲の人の協力がなければうつ病は治りません。
それでは、もしも自分の身近な存在の人がうつ病を発症してしまった時、どのように対処をすればよいのかをお教えします。

周囲の人がうつ病の場合には、しっかりと休ませて上げることが大切です。うつ病というのは、心のエネルギーが不足している状態なのです。そのエネルギーをチャージするためには休息が必要です。ただ、本人は休息することに対して罪悪感を抱いてしまう傾向があります。ただ、それを周囲の人が、安心して休息できる環境に整えてあげることで、気兼ねなく休息できます。

うつ病の人には優しく接するように心がけると思いますが、安易に励まさないようにしましょう。「頑張って治してね」という言葉は、患者本人にとってはプレッシャーです。うつ病になってしまったのは、頑張りを重ねた結果だからです。そのため、「頑張る」ということは追い打ちをかける言葉でもあります。だからといって気を使いすぎることで、患者は空気を読み取ってしまいますので、良い方向には向かない可能性があります。変に気を使い過ぎないようにしましょう。

うつ病というのは、薬物療法や精神療法を行なっているからといってすぐに効果が現れるわけではありません。完治するまでには時間が必要な病気なのです。
そのため、回復するまでは焦らないようにしましょう。回復に近づいてくることで、どうしても、通常の生活のように接してしまいがちです。そうすると、再び症状が現れてきてしまうこともあります。
周囲の人は、早く回復してほしいと願ったとしても、決して焦らさないようにすることが大切です。ある程度の距離感を保ちながら、なにかあればすぐに手助けできるようにしましょう。少しずつ、一歩ずつ回復へ導くことを念頭に置いて接するように心がけましょう。